季節ごとに変えたい部屋のラグは子育て世代にも最適!

RUG

部屋ごとによるラグの良い選び方とは?

ラグは床を部分的にカバーする敷物です。大きさとして大体3畳ほどの大きさまでをラグと呼びます。では、どういったラグを選ぶのが良いのか、ラグ選びのポイントは部屋によって異なってきます。まずは、リビングでラグを使用する場合の選び方です。リビングでラグを使用する利点として、ダイニングチェアを引いたときの音を解消したり床のキズ防止にもなる点です。食べこぼしなどの汚れ対策としてナイロン製など汚れにくい素材のラグを選ぶのがおススメです。あまり厚みのないループや押し痕がつきにくい平織りタイプのラグ…

MORE ▶

部屋ごとによるラグの良い選び方とは?

ラグは床を部分的にカバーする敷物です。大きさとして大体3畳ほどの大きさまでをラグと呼びます。では、どういったラグを選ぶのが良いのか、ラグ選びのポイントは部屋によって異なってきます。
まずは、リビングでラグを使用する場合の選び方です。リビングでラグを使用する利点として、ダイニングチェアを引いたときの音を解消したり床のキズ防止にもなる点です。食べこぼしなどの汚れ対策としてナイロン製など汚れにくい素材のラグを選ぶのがおススメです。あまり厚みのないループや押し痕がつきにくい平織りタイプのラグを選ぶと良いです。
次に、寝室で使用する場合の選び方です。寝る前にゆったりとくつろぐことや安眠することを考えると、ラグは保温性や安全性を考えて選ぶのが良いです。ベッドから降りたとき直に足を付けなくていいので、ベッドサイドにラグをおくのが一番良いポジションと言えます。特に冬など寒い時期は冷え防止にもつながります。
最後は、子供部屋で使用する場合の選び方です。遊びに夢中になってついはしゃぎすぎてしまうこともありますので、床の汚れやキズを防止するためにもラグを使用するのは効果的です。ラグを使うことで下の階にも響きにくく防音にも効果があります。子供の健康面を考慮して遊び毛が出にくい素材のラグを選ぶのがおススメです。使用する部屋に応じて、その部屋の使用目的にあった素材のラグを選ぶことが最も良い選び方と言えます。

LATEST RECENT

TOP