季節ごとに変えたい部屋のラグは子育て世代にも最適!

RUG

部屋ごとによるラグの良い選び方とは?

ラグは床を部分的にカバーする敷物です。大きさとして大体3畳ほどの大きさまでをラグと呼びます。では、どういったラグを選ぶのが良いのか、ラグ選びのポイントは部屋によって異なってきます。まずは、リビングでラグを使用する場合の選び方です。リビングでラグを使用する利点として、ダイニングチェアを引いたときの音を解消したり床のキズ防止にもなる点です。食べこぼしなどの汚れ対策としてナイロン製など汚れにくい素材のラグを選ぶのがおススメです。あまり厚みのないループや押し痕がつきにくい平織りタイプのラグ…

MORE ▶

子育て世代におすすめのラグ選び

小さいお子さんがいるご家庭にとって、お部屋のインテリアは悩みの種ですよね。おしゃれであることはもちろん、メンテナンスがしやすいこと、子どもたちが安全に過ごせることも重要なポイントです。
そこで便利なのがラグです。お気に入りの色柄をぱっと敷くだけで、インテリアのアクセントになります。北欧風、ナチュラル、ガーリーなど、通販サイトをちょっと覗くだけでいろいろな色柄のラグと出会えます。忙しくてインテリアに気を遣っていられない…という人も、ラグ一枚なら簡単ですね。また、床板そのままより、足ざわりが優しく、はいはいやよちよち歩きの赤ちゃんのお膝が痛くなりにくいのも、魅力のひとつです。うっかり硬い玩具を落としてしまっても、床材にキズがつかないし、騒音も軽減されます。
それでも、子供が小さいと、ジュースとかこぼしたらどうしよう…と、ラグを敷くこと自体躊躇される方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、『洗えること』と『プチプライスであること』です。気軽に洗える素材であれば、トイトレ中のおもらしにも丸洗いで対応でき、余計なストレスを抱えずにすみます。ママも鬼にならずに済みますね(笑)また、最初からプチプライスなものを選んでおけば、どうしても汚れが落ちないときなど、思い切って処分しやすいです。
小さい子供がいるからこそのラグ、賢く選んで、お洒落な部屋作りを目指しましょう。

ラグは季節に合わせて

こたつを置きたかったのでフローリングの床ですと、そのまま座るには寒いですし、年中ラグを敷いています。もともと子供がこけても大丈夫なように、飲み物をこぼしても洗えるようにと思い購入していましたが、大きくなった今では、そういった心配事というよりも、カーテンと同様に、季節に応じて部屋の印象を変えるために敷いている感じです。
我が家では春・夏・冬で違う風合いのものに交換しています。春は綿系の花柄の薄手のもので華やかに、夏は寒色系でしじら織りのものにしています。冬には毛足の長いラグにして、下にホットカーペットを敷きこみます。
どれも基本的に洗える素材で揃えますが、冬のものは大きくかさばるためクリーニングに出しています。毎日のお手入れは、掃除機&コロコロです。
特に毛足の長いラグの掃除の時は、毛並みに逆らっていつもの倍以上の速さでゆっくりと掃除機をかけるようにします。掃除機だけではなかなかごみを取りきれないのでコロコロはいつでも手元に置いてゴミが気になったらすぐにコロコロします。ホットカーペット対応のラグですと、裏面のクッション材が劣化して粉が出てきますので、そうなったら取り換え時期なんだと諦めて、新調します。その年その年で、柄の感じも違うので選ぶのが楽しいです!

小さい子供がいるとラグは快適

ラグのメリットは、「気軽に使えること」だと思います。そして、しっかりしたものでも値段が安いものが多いので、気軽に買って、汚れたり古くなってもすぐに買い替えできるところが良いです。
大きさは一畳から三畳ほどで、それほど大きくありません。リビングのソファーの前に置くことが多く、インテリアのアクセントになります。種類も豊富で、ふわふわな手触りのマイクロファイバー繊維のものや、ソフトタッチのシャギーラグ、キルト生地のものなどもあります。またデザインや色も様々なものがあるので、その時の気分や流行に合わせて選ぶことができます。
リビングのソファーやカーテンなどと合わせて楽しくコーディネートできるところもラグの良いところです。カーテンが柄ものであればラグはシンプルなものに、カーテンがシンプルであればラグは派手なものにしたり、色々なリビング作りを楽しめます。
気になるメンテナンスについてですが、洗えるタイプのものも多いので、特に小さいお子様のいるご家庭には最適です。子供がいるとどうしても汚れてしまいますよね。その度に思い切り洗ってすっきりできるところは非常に嬉しいです。しかし、薄地のものが多いので、掃除機をかけるときは、どうしてもめくれてしまったりずれてしまったりします。できるだけ裏地に滑り止めがあり、しっかりとした生地のものを選ぶと良いですね。


ラグを買うならこちら!
質の良いラグが低価格で購入できます。ラグひとつでかなりレイアウトを変更することもできるのでおすすめです。

UPDATE LIST

2017年04月06日
部屋ごとによるラグの良い選び方とは?を更新しました。
2017年04月06日
ラグは敷いても寝ても良し!を買うべしを更新しました。
2017年04月06日
ラグは必須アイテムを更新しました。
2017年04月06日
ラグでおしゃれなお部屋作りを!を更新しました。

LATEST RECENT

TOP